事例
[
産業
]

アセットオーナー

アセットオーナーは当社の包括的なソリューションを利用すれば、信頼性の高い包括的な排出量報告が行えるようになります。

 
Open Quote Icon
ベイン・アンド・カンパニーはパーセフォニとの戦略的パートナーシップを通じ、お客様が財務、業務、サプライチェーンのデータを、監査可能なGHG排出量データに変換し可視化する手助けをしています。 またパーセフォニとの製品共同開発も行っています。経営コンサルティング企業の我々とSaaS企業のパーセフォニがそれぞれの強みを生かし、クライアントの脱炭素化を加速させているのです。
トルステン・リヒテナウ
ベイン・アンド・カンパニー、Carbon Transition Impact Areaパートナー兼グローバル代表
Close Quote Icon

パーセフォニは、年金基金、各種財団・基金、富裕層などのアセットオーナーが、投融資先の排出量(スコープ3カテゴリ15)を算定し、気候関連情報を軸とした意思決定を投資分析に反映するための支援を行っています。 パーセフォニのお客様であるアセットオーナーは、気候問題を考慮することが、リスクの低減、委託先や受益者との関係改善、さらには投資成果の向上につながることを実感しています。

It is increasingly clear that asset owners have a powerful & influential voice with which to drive responsible investment forward, and to help shape the investment supply chain, and the broader financial services industry. Many pension & sovereign funds, endowments & foundations have declared their intent to have net-zero portfolios by 2050 or sooner. Such asset owners are thus ever more accountable to clearly articulate their ESG values and beliefs, especially to the investment managers to whom they’re allocating capital. More specifically, as responsible providers of capital, it’s critical they lead the way in understanding and communicating transparently the climate impact they have across their own investment portfolios.

ebook無料ダウンロード『バリューチェーンにおける排出量の算定方法:クロール・ウォーク・ラン方式』

アセットオーナーは、投資運用会社にポートフォリオ全体のGHG排出量を報告するよう求めてきました。 国連責任投資原則(UN PRI)のような国際規制や ESG Data Convergence Initiative(訳注:プライベート・エクイティ業界におけるESG指標の標準化を目的としたイニシアティブ)のような業界主導の取り組みでは、ポートフォリオ企業の排出量を信頼性と透明性をもって、監査可能な形で報告することの重要性が強調されています。 もはやGHG排出量を算定できなければ、ゲームで不利になるどころか、ゲームの参加資格すら得られない状況になっているのです。

気候関連情報の開示については、かつてのように定性的な指標に基づいた評価ではなく、スコープ1、2、3のGHG排出量を定量的に高精度で算出することが求められています。 パーセフォニはプラットフォームにPCAF(金融に関わる炭素会計のパートナーシップ)に準拠した算定方法を搭載しているため、上場・非上場株式への投資を含むポートフォリオ全体のGHG排出量の算定が可能です。    

アセットオーナーはパーセフォニのプラットフォームを活用することで、自らの直接投資先と資産運用会社を通じた間接投資先の両方を含むすべての運用資産について、PCAFの手法に従ってGHG排出量を算定できます。 パーセフォニは、資産運用会社プライベートエクイティプライベートクレジットと幅広く連携しています。アセットオーナーはパーセフォニを通じて彼らと関係を築き、長期的にデータの質向上を図ることも可能です。

パーセフォニのソリューションは、弊社に在籍する炭素会計の専門家チームがアセットオーナーの皆様をサポートするために開発したものです。 弊社はこれまで、多数の資産運用会社や資産保有者のGHG排出量算定・報告を支援した実績があるだけでなく、彼らの脱炭素計画策定や達成もお手伝いしてきました。サステナビリティ分野の一流の専門家が多数在籍している弊社ならではの強みといえます。 また、金融サービスのエコシステムにおいて他企業と相互補完的なパートナーシップを築いていますので、広い意味で世界水準のESG経営を実践していきたいアセットオーナーのニーズにも応えられる体制が整っています。

日本国内・グローバルの気候関連情報開示に対応

See the Persefoni platform for carbon accounting and climate disclosure in action.